ブックオフVS専門書アカデミー 専門書を売るならどっちがお得?

ブックオフと専門書アカデミーの買取を比較!

 

 

マンガや小説を売るなら、ブックオフが一番最初に思いつくくらい知名度のある買取サイトですが、

 

大学の教科書や、専門書を売るとなれば、専門書アカデミーも今、評判の良い買取サイトです。

 

 

 

実際、どちらで売れば、どのようなメリットがあり、デメリットがあるのでしょうか?

 

ブックオフと専門書アカデミーを比較してみました。

 

 

ブックオフの詳細・メリットとデメリットは?

 

 

ブックオフのメリット

 

  • 幅広いジャンルの商品と一緒に買取ができる。
  • 事前に買取価格がわかる。
  • WEBからの申し込みが1分程度で完了。

 

 

 

 

ブックオフのデメリット

 

  • 入金に一週間以上かかる。
  • ダンボールは有料で購入するか、自前で揃える。
  • キャンセル料、商品の返送料は着払いなので自己負担。

 

 

ブックオフの総評

 

ブックオフの最大の魅力は、事前に買取価格を調べられる点です。
本などの査定では、基本的に査定後に買取価格がわかるので、なかなかウェブサイトで買取申し込むをするのをためらう場合もありますが、ブックオフなら利用しやすいのが魅力です。

 

 

 

本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

 

 

 

専門書アカデミーの詳細・メリットとデメリットは?

 

専門書アカデミーのメリット

 

  • 買取商品10点以上で送料無料・ダンボールも無料配布。
  • 専門書や大学の教科書に特化した買取システムで高価買取に期待できる。
  • 予備校テキストや問題集・学習教材専用DVD/CDも買取可能。
  • 最短3営業日以内の入金も可能。

 

 

専門書アカデミーのデメリット

 

  • 事前査定、事前見積もりができない。
  • 専門書や大学の教科書など学習教材以外の買取はできない。

 

 

専門書アカデミーの総評

 

学習教材のみの買取に特化している為、高価買取に期待できます。
なぜ、高価買取に期待できるかというと、コストカットを徹底しているからです。
人件費や店頭を持たない、WEBサイトからしか申し込みができないのもコストの削減の一つです。
また、デメリットでもある事前見積もりも、コストカットの一つと捉えることもできます。

 

利用者からしてみれば、不透明な部分も多く利用しづらいとも言えますが、高く買い取ってもらいたい場合は専門書アカデミーを利用するのが良いでしょう。

 

 

 

大学教科書・専門書・医学書の買取サイト「専門書アカデミー」

 

専門書を売るなら、ブックオフより専門書アカデミーをおすすめします。

 

専門書・参考書・大学の教科書や学習教材を高く売りたいなら、専門書アカデミーがおすすめです。

 

その理由は、口コミや評判を調べてみると、どちらの買取サイトが良いのがわかります。

 

専門学校の教科書ってブックオフとかで中古買取してもらえるのでしょうか?

コンピューター系で専門書の部類になると思いますが
学校の親会社?が出版しているものです
補足
回答ありがとうございます
鉛筆での書き込みに関しては消しゴムで綺麗に消すことが出来てもダメでしょうか?筆圧の跡は残りますよね

買い取りしてもらえる場合もあります。

 

参考書や教科書関連は総じて書き込みがある場合が多いですが、一カ所でも鉛筆でも書き込みがあれば、原則買取不可です。
切り抜きや付属品の欠品・状態に難がある場合も同様です。

 

上記の条件を満たせば買い取ってもらえる可能性が有ります。

 

補足
当然マーカとか消えない書き込みがあれば否応なくNGなのですが。鉛筆でも跡が残るので、NGでしょうが、実際問題書き込みをチェックするのパラパラと見るくらいですからよく見なければ分からないくらいまで綺麗に消せれば買い取ってもらえる可能性も有ります。
当然消しかす等も綺麗に処理して本体に残らないようにしてください。

知恵袋参照

 

私はもう少しで専門学校を辞めようと思ってます。専門の教科書を全部売ろうと思っているのですが、どこに売ればいいのですか?ブックオフなどでも取り扱ってくれるのでしょうか?
また、一番高価で買い取ってくれるところを教えてください。

教科書の類は、ほぼすべての新古書店で取扱い対象外となり、買い取られません。

 

買い取ってもらえるかは、内容と状態次第ですが、教科書専門(あるいは、教科書取扱いを掲げている)の古書店でなければ難しいです。
大学の専門書などは、比較的高値が付きやすいですが、専門学校となると、分野によっては、教科書系の古書店でも対象外となることがあるため、個々の店舗に相談しなければ判りません。分野によるので。

知恵袋参照

 

ブックオフ 買取できますか?
ブックオフで買取経験されている方へ質問です。
自宅集荷サービスで古本を買取に来てもらいたいと考えています。

 

売る本の大半が法律の参考書や教科書、免許の教科書になると思うのですが、買取出来ると思いますか?

参考書や教科書に限らないですが、
ブックオフは目利きは一切せず、
発行年月日と、本の外側のコンディションしか見ません。
仮に法律、免許関連の教科書類100冊として、
コンディション(焼け、破れ、腰巻の有無)が並み程度で、
発行時期がそれなり(5年以上)だと、
大半が買い取り不可で、「不要ならゴミとしてお引取りはします」と
いう対応になると思います。
法律関係の専門書等であるなら、
専門の古書店に持ち込んだ方が、確実に値段がつきます。

知恵袋参照

 

 

 

Yahoo知恵袋を見てみると、専門書や参考書を売りたい人の多くがブックオフの利用を検討しています。

 

その口コミの多くが、ブックオフで専門書は高く売れますか?と言った質問が多いのですが、
専門書や参考書を売る場合はブックオフの利用は、あまりおすすめしません。

 

 

ブックオフは専門書や参考書を売ってはいけない。

 

ブックオフの査定方法は、

  • 発行日から日が経っていない新しいものかどうか?
  • 人気・需要がある作品名・著者の商品であるか?
  • 本のコンディションはどうか?

おおよそ、この3つのポイントから査定額が決まります。

 

その為、専門書や参考書などの付加価値を見抜く事は、ほとんどなく、

 

【専門書や参考書はブックオフでは高く売れない】と言った口コミが多数あるのも、その為です。

 

また、ブックオフでは買取商品のコンディションにも厳しく、本の焼け、歪みや汚れ、書き込みや押し印、教科書も買取不可と記載されています。

 

 

 

 

その点、専門書アカデミーは、問題集・予備校テキストや大学教科書の買取ができ、書き込みやマーカーなどがあっても買取ができます。

 

それは、書き込みやマーカーがついた専門書や大学教科書は、次の利用者にとって書籍の内容の補足として付加価値がある為です。

 

ブックオフでは、書き込みやマーカーは、書籍に汚れがあると認識されるが、専門書アカデミーでは価値があるものとして捉えられ買取してもらえます。

 

 

このように、専門書を売る場合、ブックオフと専門書アカデミーでは査定する視点が全然違うので、ブックオフでは売れない専門書でも、専門書アカデミーでは高値で買い取ってくれるケースもあります。

 

 

公式サイトはコチラ