専門書を高く売るためのコツは?

専門書を高く売るには3つのポイントがあります。

専門書を高く売るポイント3つは、

 

  • できるだけ早く売る。
  • できるだけキレイに扱う。
  • 買取強化しているジャンル・対象書籍を売る。

 

この3つのポイントです。

 

 

順を追って説明していきます。

 

 

できるだけ早く売るとは、流行り廃りという言葉があるとおり、モノには旬というものが存在します。
その流行り廃りのスピードは様々ですが、書籍ジャンルは毎日、いくつもの本が出版されます。
その為、今週の人気ランキング1位だった本が次の週では、もう10位以下とか普通に起こり得ます。

 

特に、専門書や参考書などは同じような内容の書籍が出版されたりすると、それまで新しい部類の専門書でも一気に価値が下がり、高く売れなくなります。

 

更に大学の教科書は毎年、改訂される事がありますので、2,3年後には価値がないと判断される場合もあるので注意が必要です。

 

その為、自分にとって専門書や参考書を持つ意味がないと判断した場合に、すぐに売りに出す事が高く売れるポイントとなってきます。

 

専門書を売るならおすすめしたい買取サイトはコチラ

 

 

できるだけキレイに扱うとは、売る際にはキレイな状態のほうが高く買い取ってもらえるのは知っていると思いますが、特に気にしてもらいたいのが表紙です。

 

書籍の顔とも言える表紙が汚れていると、減額になりやすいパターンが多いと言われています。

 

しかし、専門書などの買取に特化したサイトでは、表紙は別ですが、書籍が汚れていたり、少しの曲げや歪み程度で買取不可になる可能性は低く、それは学習で使われている書籍だと認識している為、買取にはあまり気にしなくても良いです。

 

 

買取強化しているジャンル・対象書籍を売る。とは、買取強化商品=高価買取商品ということです。マンガやゲームやCDなども、買取店ごとに高価買取商品を儲けている場合があります。
よく、チラシなどで目にすることがあるかと思いますが、

 

では、専門書や参考書など学習教材の場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

それは、専門買取サイトを利用するのが一番、高く売れる可能性が高いです。

 

専門書や参考書などに特化した買取サイトでは、専門書などの価値を十分に理解して査定してくれます。

 

なぜ、学習教材を専門に取り扱う買取方法かというと、販売経路が確保されているからで、

 

買取→売れる見込みがある→利益が出る。といった仕組みができあがっているのが強みだからです。

 

逆に言うと、専門書や参考書などが売れない理由は、買い取っても売れない。と言った理由から買取不可や高く買い取ってもらえないといった口コミや評判が多いんですよね。

 

そして、学習教材にありがちな書き込みやマーカーを引いた専門書や参考書なども、喜んで買い取ってくれるのが、
利用者からすれば、魅力的です。

 

 

以上の3つのポイントを意識する事で高く売れる可能性がグンと上がります。

 

高く売りたいと言っても、この3つのポイント以外に気をつけることはありませんし、考えすぎても仕方がないとも思います。

 

もういらないと思ったら、すぐに買取に出す方が高く売れるチャンスは高いと考えています。

 

 

 

専門書を売るならおすすめしたい買取サイトはコチラ